もうららいふ

快適らいふを目指して、実践したことを書いています。引き寄せの法則が好き。ビジネス書もよく読みます。

低GI食品ダイエットならえん麦のちから!お通じも良くなる!

 「えん麦のちから」は燕麦を粉末状にした健康食品です。原材料の燕麦は、1000メートル以上の高地で無農薬栽培されています。燕麦は健康効果が高く、その効果は米国食品医薬品局も認めるものです。

目次

えん麦のちからはこんな感じで届く

f:id:mouralife:20170225122446p:plain

えん麦のちからはどんな商品?

えん麦は、オートミールやグラノーラなどにも使われています。そのままでは口ざわりに難がある燕麦ですが、粉末状にしたことで飲み物に混ぜて使えます。低カロリーで味にクセがないので様々な料理に混ぜて使うことも可能です。これらの使用方法で日常的に継続して摂取することができます。独自の製造方法で原材料本来のβ-グルカンなどの栄養素を損なうことなく使いやすい製品に仕上げています。一か月分を一箱にして定期的に届けてもらえます。

f:id:mouralife:20170225122517p:plain

えん麦のちからは使うとどんな効果が期待できるの?

食物繊維が多く含まれているので効果的にダイエットを行えます。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合が1対2で含まれ、胃腸の働きを助け健康状態を保つことができます。
消化吸収が緩やかに行われるため、食後の血糖値も緩やかに変動し満腹感が持続します。この効果は、ダイエット中の方にはうれしいものです。間食などの余分な食べ物はダイエットには大敵ですが、安定した血糖値と満腹感があれば問題ありません。

燕麦に含まれるβ-グルカンは水に溶けた後も吸水性を発揮し、水を吸収しつづけると体積は8倍ほどにもなります。体積が増える分、食べる分量を減らすことが出来るという仕組みです。これによりダイエット効果が期待できます。水に溶けると粘着力が増し、これによってお通じがよくなることが期待できます。

f:id:mouralife:20170225122535j:plain

気になる方は、えん麦のちからの公式サイトを是非、どうぞ →  食物繊維が玄米の9倍!低GIの「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

えん麦のちからを使うときの注意点

自然原料由来の健康食品なので、過剰に使用しなければ何の問題もありません。温かい飲み物に多量にいれると粘りがでる可能性はあります。

効果を自覚するには継続した使用が必要です。3ヶ月ほどの使用で効果をはっきりと実感できた人が多いです。

類似品も存在に注意する必要があります。独自の製造方法で作られた「えん麦のちから」と他の製品では、原材料や効果の程が違います。

まとめ

えん麦のちからの使用感をまとめてみます。低GI食品というと痩せそうだけど、美味しくないイメージでしたが、えん麦の力は、レシピ集もあり美味しく食べることができました。お通じがよくなるので、体重の減りもよdくダイエットの滑り出しは上々です!

気になる方は、えん麦のちからの公式サイトを是非、どうぞ →  食物繊維が玄米の9倍!低GIの「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート