読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうららいふ

快適らいふを目指して、実践したことを書いています。引き寄せの法則が好き。ビジネス書もよく読みます。

170点お買い上げした私の素敵な1日 それどこ大賞「買い物」

はてなブログで「それどこ大賞」が開催。テーマは買い物。

生ハムの原木を買ったとか、部屋が暗いので超強力ライトを買ったとか、みんなパンチのある記事ばかり。私の最近の買い物は、唇の温度で色が変わる韓国コスメ・カイリジュメイを英語がちんぷんかんぷん☆ながらアリエクスプレスで380円で買ったという貧しいもの。(しかも、注文して20日経過したがまだ届いていない。アリエクスプレスでは買い物した物がいまどこにあるか追跡できるのでやってみたら、なぜか私のカイリジュメイはマレーシアのクアラルンプーーーーーーール!!!)

たぶん、クリスマスまでには届くでしょう(*'ω'*)

目次

古物商許可証が届いた!

買い物したといっても、商品は手元に届いておらず、たんにネットで買い物ボタンをポチーしただけなので、他にそれどこ大賞「買い物」に応募できるのはないかと思って暫く考えてみました。

なかった( ;∀;)

私の買い物など、何故か中国から日本ではなく、マレーシアに運ばれてしまったカイリ……(以下略。

そうこうしているうちに、先々月から手続きしている例のものがようやく来ました。それが、こちら!古物商許可証です!

f:id:mouralife:20161024190137p:plain

8月19日から、法務局へ登記されていないことの証明の取り寄せを始め、その後、市役所を回り、警察署に申請に行きと何やかんやで面倒だった古物商許可証の手続きがようやく終了し、貰うことができました。貰ったのは10月12日なので、約40日ほどかかった計算になります。取得までかかった金額は、20060円でした(古物商申請代19,000円。印紙代300円。切手代160円。住民票300円。戸籍課発行の身分証明書300円)。詳しいことは下記に書いています。

古物商許可証申請の仕方その1 登記されていないことの証明申請書の申請 - もうららいふ

古物商許可証申請の仕方その2-1:警察署での手続き編 - もうららいふ

古物商許可証申請の仕方その2-2:警察署での手続き編 (署内編) - もうららいふ

そして、この古物商許可証を手間暇かけて取ったのは、古物商限定のオークションに参加したかったから。

1人で古物商限定オークションデビュー

プロが集う古物商限定オークションに1人で行ってみることにしました。全く初めてのことで、かなりドキドキものでしたが、オークションに行って競りに参加しなければバックや香水などは手に入らないので勇気を出してGO!

行き先は三鷹のブランド市場TOP'S|TOP'S概要というところです。ちょうど10月14日(金)にオークションが開かれるということで、行ってみることにしました。

申し込みはメールでOKで、当日参加でも大丈夫なようです。「初心者です。よろしくお願いします」とメッセージを添えて送信。

その後、やはり不安になってオークション参加経験のある友人に聞いてみました。すると古物商オークション初心者が気をつけるべきことがあるそうで……。

経験者が語る古物商オークション初心者が気をつけるべきこと

持って行きたいもの

・マスク

・軍手

・ウエットティッシュ

理由は、商品がかなり埃っぽいものもあるので。くしゃみが止まらなくなるためマスクは絶対あったほうがいいと断言されました。

オークション会場で気を付けたいこと

・開催者に初心者であることを伝える

・オークション前にベルトコンベヤー形式で商品を回していくので、「初心者で手間どうかもしれませんがよろしく」と両隣には挨拶を。

・午前中は様子を見てるぐらいでも大丈夫。

・午後の投げ売りがお得なのでそれまでにオークションに参戦できればいい。

・初心者は予算3万円ぐらいの買い物で。

こんなアドバイスを貰って、その日は就寝。

オークション当日

三鷹までうちから若干遠いので、電車代が片道500円かかってしまいました。うひー( ;∀;)

そして、10時にブランド市場TOP’Sの会場に到着。三鷹駅南口から徒歩5分ほどの場所にある「389三鷹 3F」がオークション会場です。貨物トラックが止まっていてそこで大きな段ボールを出して建物の中に運んでいました。会場に入ると人がチラホラ。

会場は学校の教室4部屋分ぐらいの広さ。部屋の半分は3、4個つなげた長椅子が4、5列置いてありました。そしてもう半分はダンボールの山!

まず受付をします。私は今回が初参加なので入会金3000円と会費3000円の合計6000円を払います。うひー( ;∀;)すでに電車賃も入れて6500円の出費です。あ、途中でゆずレモンティー(120円)を買ったので、6620円ですね。

f:id:mouralife:20161024193034p:plain

 受付のお姉さんにあいさつ。番号札を貰います。この番号札が、オークション会場での私の名前になります。「○○1番さん」とセラーからは呼ばれることになります。

f:id:mouralife:20161024205850p:plain

受けつけのお姉さんに「初めてです」と伝えたらいろいろと教えてくれました。

4、5列ある長椅子はオークション参加者が座る席で、前の方は常連さんがいつも座っているので後ろの空いている席にどうぞとのこと。

オークションの金額の刻みは、1万円以下は500円。1万円以上は1000円単位になることが多いとのこと(厳密には決まっていないそうです)

とりあえず、空いている後ろの席に座りました。すると、先に座っていた40代ぐらいの男女から「初めてなのでよろしくお願いしまーす」という挨拶。「私も初めてでーす( ;∀;)」と挨拶しかえしました。ちょっとほっとしました。でも、その男女は見た感じアパレル系で全くの素人ではなさそう。暫くすると、人がどんどん会場に入って来て席が埋まっていきます。だいたい40人ほど集まったでしょうか。年齢層は30代から50代ぐらい。男性7:女性3ぐらいの割合です。

私の右隣は、30代ぐらいの女性。こちらの女性はオークションが4回目。ここで買った商品はフリーマーケットなどで売っているそう。私の左となりに座った男性も30代ぐらいでした。

いよいよ古物商オークション開始

まず、品物見せが始まります。これは、オークションにかけられる前にどんな商品なのか一度見る作業で、100均のザルに乗せられて手渡しされてきます。私の右隣の女性がスタート地点。スタッフさんが彼女に品物を渡し、さらにそれを私に、そして私は左隣の男性に渡していきます。このときに気になる商品を素早くチェック。しかし、そのうち頭がぼうっとしてきます。なぜなら↓

f:id:mouralife:20161024194323p:plain

 これらの段ボールを全てチェックしなければならないからです。しかも、この段ボールは一部。この何十倍もオークション会場にはありました。さらに、トラックが追加で運んでくるので一体どれぐらい商品を見たか……。しかも、友人が言った通り、強烈に埃っぽい。くしゃみが止まりませんでした( ;∀;)

古物商オークションの手順

チェックした商品はどんどん流れて行って、最前列まで到着。するとそこでようやくオークションがスタートします。セラーはちょっと小太りな男性で40代ぐらい。彼が、「コーチ トートバック 3000円」という感じでオークションを開始します。

私は、オークションってどんどん値上がりしていくものだと思っていたのですが、たいていの商品は値下がりします。

例えば、コーチのトートバックだと、みんながチェックをして、表面が汚れていたりするのを知っていると、3000円では高いと思い買いません。

「いないの?じゃあ、2000円?あれ、まだいない?じゃあ、1000円」とセラーが値段を1000円単位で下げていきます。ちなみに本当にこんな感じの喋り方でした。なんかチャーミングセラーさんでした(*'▽')

さて、1000円まで下がったコーチのトートバックなら買いということで、買い手が手を上げ始めます。

このときのオークションへの参加の仕方は手を上げて「はい」でOK。1人だけ手を上げた場合はその人が購入者になります。複数いた場合は、セラーが「いっぱい」と言ってここからまた値段がつり上がっていきます。

「1500っ」

「2000っ!」

と間髪入れず値段を提示します。この値段提示、多分みんな0.1秒ぐらいで反応しています。ここの値段の提示が難しいところ。いい商品は欲しいけれど、あまり高い値段だと損、なので値段の提示と引き際が難しいところです。

オークション初心者はなかなかこの値段提示に入っていけないので、最初のうちは、人気薄の商品を1人で競り落とすので自信を付けたほうがいいかもしれません。

お得な山盛りオークション

古物商オークションの醍醐味は、山盛りの商品を買えてしまうこと。中には誰も手を出さないというようなコンディションの服やバックもあるですが、セラーはそれも売らなければなりません。

しかし、買い手はそんなの要らないので誰も手を上げません。すると始まるのが山盛りオークションです。「はい、バック、バック、バック、バック♪ネクタイもつけじゃう♪」なんてテンポよく商品が山にされていきます。それでも、買い手が食いつかないと、「じゃあー、スカーフも山で」とさらに追加。すると、待っていましたとばかりに「1000っ」「2000」「3000っ」と買い手が値段を提示しあい、金額がせり上がっていきます。この競りでオークションに慣れている買い手もヒートアップしてしまうのか、結構なスピードで値が上がっていきます。おそらくみんな予定より高い値段で落札していると思います。恐るべし、ちょいぽちゃのあのセラー|д゚)

香水などの化粧品は初心者には競り落とすのは難しい

シャネルなどの使用途中のブランドもの香水は、某所ではよく売れます。そのため、今回の古物商オークションでは香水を仕入れられたらいいなと思っていたら、午前中にいくつか流れてきました。シャネル、ブルガリ、クロエなど人気の香水が大量!(*'▽')。ワクワクしながらオークションが始まるのを待ちました。

「香水。3カゴ~。3000」

「4000っ」「5000っ」「8000っ」とすぐさま値段はつり上がっていって、私にもう('Д')な状態。そうしているうちに香水オークションはあっという間に1万円台に突入。1万2千円で落札となりました。

手が出ません( ;∀;)

何度か挑戦したのですがやはり安い値段では買えず、「わー(*´Д`)」となっていると左隣の男性がぼそっと「化粧品はプロ集団がいるから、なかなか競り落とすのは難しいっすよ」と一言。

そーなのー???(*´Д`)

古物商オークションで競り落とされて行った品物

・ブランドバック(中古のみ ヴィトン、コーチ、マージェイコブス) 大人気!

・ノンブランドバック(中古、新品両方) けっこう人気

・ジャンク品時計 一部の買い手に大人気

・ブランド服 まあまあかな?

・大量のノンブランド服 一部の買い手に人気

・スカーフやハンカチの山 人気

・ネクタイの山 人気

・トリ―バーチなど女性用のサンダル 大人気

・男性用のバッシュ 大人気&2万ほどで落札

・食器系 あまり人気無し セラーが山にして売れる感じ

・マイセンなどのブランド食器 バックや香水ほど人気は無し

・未使用、開封混じりのコスメ ものによる

・開封済みの香水 大人気 

・切手集 一部の買い手に人気

お昼前にオークションで初セリ落とし!

初心者はオークション参加は昼過ぎからでも充分と言われていたのですが、なんとか競り落としてみたくて、頑張ってみました。切手が手堅いと言われていたので、1000円まで下がった所で「はい( `ー´)ノ」。初めての声出しで、

よっしゃー買えたー。

と一息ついたら、前の方の列から「1500円」

え?( ゚Д゚)

と思っているうちにその人に落札されてしまいました。切手集に2000円どうかなーと一瞬迷ったうちに終わってしまったので残念。セラーからも「ごめんね☆」と言われました。ちょっとせったとき、負けたほうにこのセラー謝ってくれるんです。

いい人(^^)。

そして、次。コーチなどお目当てのブランドバックがあって、1000円まで下がるまで我慢我慢。(たぶん、他のセラーも我慢している)。そして下がりきったところで、今度は山盛りオークションを狙います

「1000円」「1500っ」「2000っ( ゚Д゚)」と競って、2000円でバックを5個ゲットできました。

がんばったー。私、がんばったよー( ;∀;)

競り合うライバルはエクザイルと浅香光代

三鷹のTOP’Sはみんな顔馴染みらしく和気あいあいとした雰囲気。商品がセラーの前で途切れてしまってオークションがはじめられないと、

セラー「はい。どんどん回してー( `ー´)」(怒ったふり)

買い手1「僕、商品を見ずに必死に回しています。一商品も見ていません(*'ω'*)」

買い手2「僕もです(*'ω'*)」

というお約束コントが前の席の方で始まります。彼らは男性で5~6人ほどのグループ。けっこうみんな濃い系で、系統でいうならエグザイルみたいな感じの集団です。なかなか近づくのは怖い。たぶん1人が1店舗の主なんでしょうが、固まって

「ひそひそひそ~」

「にやにやにや~」

という感じで楽しそう。この集団の一部が香水などを高額で競り落としていくので私のライバルです。そしてもう一人ライバルが。浅香光代のようなマダムです。彼女は、真ん中の席なのですがメモ帳を持ってセラーの傍で競りに参加。

「1000円」

「1500ァくっ~!!」(私)

と私が、ない反射神経を絞って値段を提示している横から、

「2000('ω')ノ」

とさらっと言うので……。このマダムとの競り合いになると、ほぼ負けていたような気がします。きっと手広くネット古物なんかをやってるんじゃないかなーというぐらい、競りに参加していました。落とした回数は100回近いんじゃないかなと思います。

古物商オークションはお昼付き

古物商オークションは、お昼が席代に含まれています。けっこう大きなお弁当でした。また、お茶、ジュース、コーヒーも自由に飲めます。この日のお昼は13時近かったです。45分ほどお昼休憩がありました。

f:id:mouralife:20161024204610p:plain

午後、オークション開始

お昼が終わりオークション再開。流れてくる品物は、午前中はアパレル系、午後はコスメ系などという偏りはなく、服もバックも香水も、ネクタイもほどよく流れてきます。とくにバックのオークションは熱いのですが、熟練の買い手の声が大きくなるブランドがあるみたいなので向学のためメモ( ..)φメモメモ

・コックフィオーレ

・プリマプラッセ

・パトリッチィアペペ

・イビサ

・ダコタ

・フェイラー(かなり人気!)

・ヤヌーク

・ロンシャン

素材では、

・オーストリッチ

・クロコ(人気!)

古物の世界では、ここら辺が人気のようです。次回行くときは、もう少し下調べをして臨みたいです。 

オークション終了。さて、どれぐらい買えた? 

ザイルとミツヨにぼこぼこにされながらも、なんとかオ―ションで競り落とせました。お昼近くから参加して14回、競り落としています。

f:id:mouralife:20161024203907p:plain

オークションでの商品合計額は、27820円。これに、入会金3000円と、席料3000円、さらに競り落とした商品2箱分の運送代2000円をプラスし合計35820円のお買い物になりました。

f:id:mouralife:20161024203924p:plain

帰宅。競りでずっと集中していたのでものすごく疲れました。なので、ココイチでカレー持ち帰り。セブンイレブンで甘いのを購入。

f:id:mouralife:20161024214109p:plain

オークション戦利品一覧

翌日、オークションの戦利品を佐川急便さんが運んできてくれました。何度もリサイクルしている箱なのかコンディションがすごい( ゚Д゚)

f:id:mouralife:20161024214705p:plain

この中に商品がぎっしりと詰まっています。まずはバック。バックは33点落札していました。

f:id:mouralife:20161024214812p:plain

 左がケイトスペードの籠バック。右が銀座カネマツのバックです。どちらもきれいなんですが、ケイトスペードは中を開くと染みが( ;∀;)

f:id:mouralife:20161024214905p:plain

 両方ともコーチのバック。上のトートバックはボールペンの痕が目立ちました。下のトートバックは、持ち手以外はすごくいいコンディション(*'▽')

f:id:mouralife:20161024215122p:plain

マークジェイコブスのキルティングバックとラシットのバック。マークは持ち手が残念。ラシットは使用感はあるけれど、綺麗でした。

f:id:mouralife:20161024215329p:plain

中央の白いのはフェンディ。よっしゃフェンディと意気込んで1点を2000円で競り落としたのですが、角がボロボロでした。私から5列先の席で行われる競りは、すでに商品がどんなコンディションだったのか忘れている場合もあって、こんな駄目な買い物もしてしまいます( ;∀;)。その他、バリーやヒロミチナカノ、ELLE。フルラなどがあります。傷アリなので、売れるかな、うーん、トントンかなというところ。買った覚えのないノンブランドの皮のバック(23000円と19000円の値札付き)もありました。

f:id:mouralife:20161024215513p:plain

おつぎはコスメセットです。

f:id:mouralife:20161024215926p:plain

 さらにもういっちょ。コスメは使えそうなのはここまでで合計63点購入しています。

f:id:mouralife:20161024220056p:plain

 そして使えないコスメも( ;∀;) 使用途中のメイク落とし(いつの?)やヘアケア剤なんていらねー。しかし、こういうジャンクコスメもまぜこぜになっているのが古物商オークションです。

f:id:mouralife:20161024220150p:plain

 速攻捨てました( `ー´) 

f:id:mouralife:20161024220348p:plain

 このクリームも廃棄。ジャンクコスメは49点ありました。

f:id:mouralife:20161024220531p:plain

古物商オークションお楽しみ、買った覚えがない商品との対面

一山幾らでオークションをすると買った覚えのない商品も段ボールに入っています。お宝が入っていたり(友人の場合は、新品に近いクリスチャンディオールのハンドバック!)。さて、私の場合は???

f:id:mouralife:20161024220908p:plain

買った覚えのない商品一覧

・ネクタイ12本

・たち吉のお皿5個

・ビアマグ2個

・コウランシャというところのお皿2個

・ハマノの財布(新品?)

・ウンガロの財布(皮剥がれ・中ベタベタ)

・バーバリーのハンドタオルとハンカチ(新品)

f:id:mouralife:20161024221102p:plain

 ネクタイはこんなじみーな柄のものばかり。綺麗なものあり、ほつれているものあり。ちなみに某所に難有りで出品したら翌日には2000円近い値段で競り落とされていました。びっくり。バーバリーのハンカチも出品したら2000円で売れていきました。買った覚えのないものから売れていく不思議(*´Д`)

f:id:mouralife:20161024221154p:plain

オークションで購入したもの一覧

・鞄 33個

・コスメ 63個

・廃棄コスメ 49個

・財布 2個

・ネクタイ12個

・食器9個

・ハンカチ 2枚

合計 170点のお買い上げ

オークションでかかった金額

古物商取得代金 20060円

往復の電車代 1000円

ジュース代 120円

入会金・席料・送料 8000円

商品 27820円

合計 57987円

まとめ

初心者でも古物商限定のオークションに参加は可能です。古物売買をしたい人は、古物商許可証をとったら、すぐにオークションへGO!

・「初心者です。ご迷惑をかけます( ;∀;)」と最初に両隣に声を掛けておけば、案外優しくいろいろ教えてくれる人もいます。また、競ったときは、もう反射神経で値段を言っていくしかないです。(でも、自分の中で値段の上限は決めておくこと!)

・一山オークションは何が入っているのか分からないので、自宅で段ボールを開けて検品してのお楽しみ☆

・商品代は初心者なら現金3万円も用意しておけばOK!クレジットカードOKなのかわからないので、現金はちゃんと用意しておくこと!

古物商オークションに行ってみたいなと思っている方、最初はちょっと勇気がいりますが、慣れてくるとすごく楽しめますよ!

一日で170点の買い物をしたこの日、充実した時間が過ごせました(^^)/

 

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー