読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうららいふ

快適らいふを目指して、実践したことを書いています。引き寄せの法則が好き。ビジネス書もよく読みます。

話題のケイ素(シリカ)入りのドクター・水素水を試してみたよ!

東京で絶対飲まないものといったら水道水です。元々は田舎育ちのため、実家は地下水。東京にきて水道水の不味さに「う( ;∀;)」となって以来飲んでいません。きっと初めてだったからそう感じただけであって今飲んだら全然、兵器なんでしょうが飲まないまま10年近く経過しています。

目次

みんな、自宅での飲みものはどうしているの?

私は、自宅では沸かして麦茶や紅茶のティーバックを入れたものなどをペットボトルに入れて飲んだり、あとは↓のように、ミネラルウオーターを大量買いしたり。

f:id:mouralife:20160818130716p:plain

けどね、結構ゴミが出るんです(*´Д`)。毎回、4、5本のペットボトルをゴミに出しなんか申し訳ない気分になるんです。

ということで、ウォータサーバーでも買おうかしらとバブリー思ってみたり、いやいやまてよと思い返してみたり。(買うならハワイの水がいいなと思ってみたり)

とまあ全然、エコな人ではないのですが、ペットボトルのゴミは減らしたいなと思って、商品検索。話題のケイ素(シリカ)が入っているドクター・水素水 と出会いました。

ドクター・水素水ってそもそも何?

ドクター水素水は、水素を豊富に含んだ水で健康的に水分補給ができるんだそう。

水素('ω')

最近、話題ですね。水素水とかコンビニでも売られています。500mlで350円ぐらい。高っか……と思いつつも、体によさそうと聞くと欲しくなるから不思議(*´Д`)

f:id:mouralife:20160920153042j:plain

調べてみたところ、水素は老化の原因ともなる活性酵素と結びついてアンチエイジングを行ってくれるそうです。

ドクター・水素水は、さらにケイ素(シリカ)も含んでおりシリカは肌の保湿や骨、髪などを再生する力があるとして有名になりましたよね。

f:id:mouralife:20160920153259j:plain

水素もシリカもドクター・水素水には含まれているんです。

f:id:mouralife:20160920151854p:plain

ドクター・水素水は↑こんな感じ。

f:id:mouralife:20160920152448p:plain

長さ13cmスティックです。重さは20グラムほどで、振るとサラサラと音がします。内容物が、高度99.9%のマグネシウムとなっているので、それが入っているのでしょうか?

f:id:mouralife:20160920152402p:plain

ドクター・水素水をペットボトルの中へ

f:id:mouralife:20160920152533p:plain

水道水を入れたペットボトルにドクター・水素水のスティックを入れ2時間ほどで水素とケイ素がたっぷりのお水ができあがるそう!一晩置いておくとさらに濃度の濃い水素&ケイ素のお水ができあがるそうなので、寝る前に作って置いて、朝飲むとか健康的ですね!そのまま会社や学校に持って行って飲むのとかもいいかもしれません。

ドクター・水素水で作ったお水のお得な使い方3選

ドクター・水素水で作ったお水は飲むだけでなく、①パッティング、②ブースター美容液代わりにも使用できます。お肌直接つけても効果があるのは、水素水の分子が0.1ナノメートルととても小さいから。さらに、③日焼けのあとのクールダウンにもいいそうです。

 

f:id:mouralife:20160920153322j:plain

実際に、作ったドクター・水素水で作ったお水を飲んでみます。

f:id:mouralife:20160920154435p:plain

味は、水道水のような尖った感じではなくまろやか~(*´Д`)な気がします。美味しい!子供の頃飲んでた地下水のような飲み応えがありますね。2時間でこれぐらいだったら、半日時間をおけばもっと美味しくなりそうです。次回は、半日おいたものを飲んでみることにします!

まとめ

ペットボトルの量が減ったのが一番うれしいです。また、東京の水道水が初めて美味しく飲めたのも感動!2リットルのペットボトルには、ドクター・水素水のスティック3本だそうなので、冷蔵庫に常備しておこうかな?いつでも飲めるお水がささっと作れてさらに大量のペットボトルがゴミにならないのは素晴らしい!

おまけに、洗顔後のパッティングやブースター美容液代わりも使えるので、化粧品が1、2個減ってしまうかもしれません!

もう少し高濃度な水素水を試したい方がこちら↓ 白金ナノコロイド入りの水素水です(*'▽')