もうららいふ

快適らいふを目指して、実践したことを書いています。引き寄せの法則が好き。ビジネス書もよく読みます。

雇用保険(失業保険)下さい! 派遣会社にウソをつかれて80万円失いそうになった話 その1

f:id:mouralife:20160820095135j:plain

一時期、派遣で働いていた私。登録していた派遣会社は、総合キャリアオプションというところです。アデコやパソナのように大手ではありません。その割に、紹介してくれる事務系の派遣の時給は高かったような気がします。「こんなに簡単な作業で、1600円~1700円?いいの?」と思いながら働いていました。

しかし、働き始めて9か月目に、俗に世でいう派遣切りに合いました。私は他にも仕事をしていたため「本当にこんな世界あるんだなー」という感じでしたが、派遣一本で働いている人たちは大変そうでした。

実は、その会社は決算が悪かったらしく会社にいる派遣の半分ほどを切ることを選択したようで、別フロアではトイレで泣いている人も( ;∀;)

私はメインが別の仕事だったのでつなぎとしてやっていた派遣でしたが、これでは派遣1本で働く人たちはなかなか生活が安定しないだろうなと思いました。

目次

  1. 収入を派遣1本に頼るのが危険と思った3つの理由
  2. 派遣で9ヶ月働いて分かったいいこと、悪いこと。

収入を派遣1本に頼るのが危険と思った3つの理由

まさかの派遣切りにあって思ったことは、収入を派遣のお給料だけに頼るのは本当に危険!ということです。派遣に次の更新がないことを伝えるのは、更新日の1ヶ月以上前と決まっています。私は3ヶ月更新で9月が更新月だったので、8月の最終週に派遣切りのお知らせが来ました。

9月いっぱいまでは仕事がありますが、10月以降はない状態です。つまり、次の仕事が9月中に決まらなければ定期的な収入は途絶えてしまいます。これが1つめの理由です。

また、派遣コーディネーターにこの会社で働く派遣はみんな長期で、5年、6年と働いている人も大勢いるのでぜひ長期で働いて欲しいといわれていたのに業績悪化という理由で即派遣切りが行われることです。実際、5年、6年長期で働いている派遣はその会社にかなりいたので、私にこの会社を紹介してくれた派遣コーディネーターの嘘や大げさないい方ではないのですが、やはり切るときは切られます。私がいた部署では5人派遣がいたのですが、一人が経理、もう一人が少し特殊なデータ処理、もう三人(私を含む)が単純なデーター処理でした。切られたのはこの3人です。いずれもこの会社での派遣歴が長い人でも1年ほどしかなく、すぐ覚えられるような仕事を3人ともしていました。

なので、派遣を長く雇う会社という実績があってもそれは、過去のことであって今回の業績悪化のように状況が変われば、あっという間に派遣切りを行うということです。これが2つめの理由です。

3つめの理由は、派遣コーディネーターが信用ならないということ。この人たちはとにかく企業のオーダーで派遣の欠員を埋めたがるので、早く穴埋めができればいいという感じです。私に紹介された次の仕事も「???」なものが多かったです。時給が下がり、労働時間が増え、さらに通勤時間も増える。おまけにやったことのない業務。前の仕事より条件が悪いのを「次のお仕事見つけさせていただきました」と笑顔で紹介されました。

1:1か月以内に次の仕事が決まらなければ、定期収入が途絶えてしまう。

2:派遣を長く雇ってきた実績があっても未来はわからない。

3:派遣コーディネーターは、穴埋めとして派遣を使うのできちんとしたマッチングはおそらくおこなっていない。

派遣で9ヶ月働いて分かったいいこと、悪いこと。

精神的な面

派遣で働いてみて分かったことは、とにかく気楽ということ。私は以前、正社員でも働いていたのですが、常にぴりぴりしていたような気がします。派遣は、覚えることも少なくデータ処理だけこなしていればよかったので気持ち的にはとても楽でした。

逆に、人付き合いの面では正社員と同じでした。派遣には派遣のお局様がいて幅を利かせているので、多くの派遣を雇っている会社はおおむねそんな感じかもしれません。しかし、正社員と違って派遣はそこまで上下関係があるわけではないので、あいさつ程度でつきあいを済ますことができるので楽は楽でした。

お給料的な面

額面でいうと1日7.5時間×1700円で働いて24万円ほどになります。ここから各種税金を引かれて、手取りは20万円ほど。厚生年金が総合キャリアオプションはややたら高く、たしか2万2千円ほど取られていたような気がします。また健康保険料も1万円ぐらいしました。

残業を正社員にも派遣にも禁止している会社だったので、きっちり17:30(始業は9時です)には退社でき、家からも自転車で10分の距離だったので18時は帰宅できました。なので、18時以降のプライベートな時間も確保できて手取り20万ならまあいい方かもしれません。

しかし、派遣の給料には難点がありました。派遣は正社員のように月給制ではなく日給月給制。つまり、その月に働いた分しかお給料がもらえません。なので、正社員時代に楽しみにしていたゴールデンウイークがある5月は悲惨(きちんというなら、5月のお給料が貰える6月が大変でした)です。数万円分ガクンと収入が下がってしまうんですよね。なので全然、お給料の額では安定感を感じたことがありませんでした。

肉体的な面

朝は始業の9時直前まで行けばよく、終業は17:30と決まっているので楽でした。しかし、18時以降にダブルワークとなるとちょっとそこは辛かったかな?ダブルワークしていると平日はプライベートな時間はまったくといっていいほどなかったです。でも正社員時代のような精神的なストレスがなかったので、ずーんとした疲れは感じませんでした。

まとめ

派遣1本で今後働くか?と聞かれたら、やはりNOと答えます。派遣切りなんてニュースの中のことだと思いましたが、普通に自分の身に起こりましたし、本当にあっさりと首を切られます。また、残された1か月で次の仕事を探さなければなりませんし、平日の面接(顔合わせ)だと、有休を半日なり使わなければなりません。さらに有休が無ければ、お給料が発生しないことになります。

また、派遣会社に仕事を紹介されても断られる可能性もありますし、焦って条件のよくない派遣先を選んでしまう可能性もあります。

なので、派遣1本で働くのはちょっとリスクの高い働き方だなあと今回の件で思いました。