もうららいふ

快適らいふを目指して、実践したことを書いています。引き寄せの法則が好き。ビジネス書もよく読みます。

慣れるまでは少し戸惑う、メルカリ独自ルール

f:id:mouralife:20160704173435p:plain

メルカリには独自ルールがある

メルカリに慣れてくると、出品するだけでなく自分も他のメルカリユーザーが出品してる商品を欲しくなります。どれも魅力的でお値段が普通より安くお得なのですが、メルカリでは、出品者が独自のルールを設けている場合があります。

代表的なのが、「商品購入前に必ずコメントを一言下さい」というもの。

 

これは、メルカリユーザーが勝手に作り上げたもので、メルカリ側はこれを認めていないのですが、メルカリ内ではスタンダートなルールになっています。

購入前にコメントせずにいきなり購入すると、商品を送ってくれなかったり、商品を送ってくれてものちの評価欄にクレームを入れられたりといいことはありません。なので、購入前にメルカリ独自のルールを頭に入れておきましょう。

「商品購入前に必ずコメントを一言下さい」と出品者が望む理由

 

実は、この事前コメントとして貰うことによって、出品者は相手がどのような取引相手なのか知ることが出来ます。どういうことかというと、その取引相手の評価を評価欄で見ることができるのです。悪い評価の多い購入者に商品を買われるのは出来るだけ避けたいので、このように、「商品購入前に必ずコメントを一言下さい」と残しているのです。

もし、その購入希望者が評価が悪いものばかりだった場合、ブロック機能というものがあるので、ブロックするとその購入希望者からあなたのページが見ることが出来なくなります。

そして、もう1つ出品者がコメントを残して欲しい理由として、その出品者が1つの商品を楽天やAmazonに同時出品していることが考えられます。商品が1つしなかにのにメルカリとAmazonで同時に売れてしまった場合には在庫がなくなってしまいます。商品を発送できずメルカリから何らかのペナルティを受ける可能性があります。

一つしかない商品を多数のサイトで出品し、在庫の確保が確実ではない状態は、メルカリでは規約違反ですが、購入前にコメントをしてもらうことで、もしその商品の在庫が無い場合には「すいません、消し忘れていた商品ページです」と言い逃れができます。

「購入前にコメント必須」という商品をコメントせずに購入するのは、メルカリの規約上は特に問題ありません。メルカリではコメントでのやり取りは必須ではありませんから。

独自ルールに従うのは面倒だけど、従わないともっと面倒なことに!

出品側が勝手に決めた事なので、コメント必須の人に無コメントで購入申請までしてしまうと、大抵は商品を送ってもらえない、キャンセルをするよう迫られるなど、トラブルが発生する場合があります。

「コメント無しでの購入を禁止すること」は運営に通報すればペナルティを受けるのは出品者ですが、ここは余計なトラブルを避けるためにも、「購入していいですか」とメッセージを送っおいた方が無難です。

 

※このブログを読んでメルカリに登録してみようかなと考えて下さった方へ

招待コードに『CSKJPE』と入力すると、あなたに300円分のポイントが特別に贈呈されます。新規登録する方はもしよかったらどうぞ!